11月3日は「サンドウィッチの日」

サンドウィッチの日

1年間で数あまたの記念日がありますよね!みなさんいくつご存知ですか?

伝統的な行事として定着しているものや、様々な団体や企業が定めた「記念日」など。
一つ一つよく見てみると、日本の文化や地域性も見えてきてちょっと勉強になったり。

ここでは、この「記念日」を切り口に、記念日を楽しむオススメの商品や、ちょっとした豆知識をご紹介していきます♪♪

img03

11月3日は「サンドウィッチの日」

朝も昼も夜も食べたい!

第3回。今回は「サンドウィッチの日」をご紹介します。

今回ご紹介するのは「サンドイッチの日」ではなくて、「サンドウィッチの日」
「サンドウィッチの日」は11月3日ですが、「サンドイッチの日」は3月13日。
今回は「サンドイッチの日」ではなくて、サンドウィッチ店チェーンの神戸サンド屋が制定した「サンドウィッチの日」です。なんだか舌をかみそうです・・・。

「サンドウィッチの日」は、サンドウィッチの生みの親とされるイギリスのジョン・モンタギュー・サンドウィッチ伯爵の誕生日であり、また「いい(11)サン(3)ド」の語呂合せ、なんだそう。 サンドウィッチ伯爵。なぜ生みの親なんでしょう?

サンドウィッチ伯爵は大変なトランプゲーム好きで、食事中でも片手でゲームが楽しめるように、パンに肉や野菜などを挟んだものを作らせたのが始まりといわれています。
事実かどうか定かではありませんが、忙しい時でも手軽に野菜もタンパク質も炭水化物もバランス良く摂れる現代人の見方!すばらしいアイディアに間違いはないですよね!
(余談ですが、「サンドする」と言う言葉・・・・英語っぽいですが、もちろん英語ではない、ということですね。)

食パンへの支出金額は関西が多い!

サンドウィッチに欠かせないのは食パン。
支出金額を統計でみてみると神戸市、堺市、京都市・・・と上位を関西が占めます。
(※総務省統計局)
これは、全国的に1斤6枚切りが主流であるのに対し、関西では1斤5枚切りが一番人気であることが理由のようです。
・・・そう言えば、私の住む関西ではサンドウィッチを作ろう!と思い立っても、「8枚切り」なんてほとんど見たことありません。
やはり「粉もん文化」の関西圏、もっちりふわふわの食パンが人気ということでしょうか。

みなさんのご家庭では何枚切りのパンを好まれますか?

サンドウィッチも話題のインスタ映え。「萌え断」ってなに??

近年、とにかく色んな具材をこれでもか!!と挟み込む「ボリュームサンド」がブームです。
豪華でインパクトがあるし、野菜もお肉もたっぷり摂れてお腹も満足なのですが、人気の理由は最近巷で話題の「インスタ映え」にあるようです。

ご存知の方も大変多いと思いますが、インスタとは、「インスタグラム」の略で写真や動画の投稿に特化したSNS(ソーシャルネットワーク)。写真を撮影・加工して投稿し、インターネット上でシェアします。
「インスタグラムに投稿するといい感じ♪」というのが「インスタ映え」です。

そして「インスタ映えする!」と話題なのがこのボリュームサンドの色鮮やかな断面!
この断面にウットリすることを「萌え断」というのだそう!

不器用な私が作るととんでもない大惨事になりそうですが、調べてみると、
@具材と食パンが馴染むまでしばらく置く。
Aラップで包んで切る。
Bためらわずに一気に切る!

で、素敵な「萌え断」ができるようです♪

具材はきんぴらごぼうや、卵(ゆで卵そのままの方がインパクト大!)、塩もみキャベツや焼き豚なんかも美味しそう☆ 冷蔵庫のちょっと残ったお惣菜を詰め込めば、お弁当や疲れた時の夕飯も家族が喜ぶこと間違いなし!「残り物サンド」ではあっても、「今話題のボリュームサンドよ!」といって出しちゃいましょう♪

ついでにインスタグラムにも挑戦?!
私も「萌え断」にトライしてみようと思います。

さて、今回もオススメ商品ご紹介してまいります!

普段のサンドウィッチ作りに重宝しそうなアイテムをピックアップしました。
チェックしてみてください♪


img01

お子様も簡単!押すだけでサンドウィッチができる♪

おすすめポイントその1
□簡単にサンドウィッチができる!
食パンを軽く温め、好みの具を入れてグッと押すだけ。
耳なしサンドウィッチの出来上がり!
おすすめポイントその2
□パンダがかわいい♪
個人的なポイントでしょうか?毎日でも使いたくなる可愛いデザイン。

小さなお子様でも簡単にオリジナルサンドウィッチが作れるのは嬉しいポイント!トーストすればホットサンドも作れちゃいます。
パンの周囲がパウチされたサンドウィッチは食べやすいし、持ち運びも便利ですね!


トースターやグリルで、あつあつホットサンド!

おすすめポイントその1
□簡単・便利にホットサンドが作れる!
具材を食パンに挟んで、トースター・グリルで焼くだけ。
おすすめポイントその2
□外はサクサク、中はふっくら仕上がる!
ステンレスのメッシュアミで、直接パンに熱が伝わります。
おすすめポイントその3
□上下のアミが外せて取扱い便利!
お皿に移す時も便利ですし、メッシュアミなので洗ってもすぐ乾きます。

わざわざホットサンドメーカーを出さなくても、手軽に本格的なホットサンドが楽しめます。
具材やパンの厚さで高さ調節可能ですし、食器洗い乾燥機にも対応!


生卵の白身と黄身がなめらかに混ざります♪

おすすめポイントその1
□白身と黄身がなめらかに混ざります!
白身がなかなか切れず、混ぜるのに苦労することありませんか?
エッジがきいたリングで、白身と黄身がなめらかに混ざります。
おすすめポイントその2
□反対側のヘラで卵の殻もとりのぞける!
混ぜた卵にうっかり落とした卵の殻。忙しい時に限って落ちてしまうのはなぜ?
スプーンや素手を使わず、衛生的に使えます。
おすすめポイントその3
□ドレッシングやカップスープを混ぜるときにも使える!
カップスープなどの粉物もきれいに混ぜることができます。

なめらかに白身と黄身が混ざれば、卵焼きやオムレツも見た目がグッときれいになりますし、白身独特のニュルッとした食感がなくなって食べやすくなります。
関西では主流の卵焼きをパンではさむ卵サンドも、最近では全国的に定番になりつつありますね。
ゆで卵をつぶすスタイルも好きですが、関西風はボリュームもあって、食べやすくおすすめ。
食べたこと・作ったことがない方も是非チャレンジしてみてくださいね!


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「サンドウィッチの日」、いかがでしたでしょうか?

今回は、どれも「かゆい所に手が届く」ようなアイテムばかりで、開発者のアイディアに感動すら覚えました。
みなさんもアイテムを駆使しながら、サンドウィッチ作りを楽しんでいただければ幸いです♪


img03

サンドウィッチを簡単・便利に楽しむアイテム

エッグボイリー
¥698(+税)
エッグスライサー
¥548(+税)
ハンドミキサー HM−705IV
¥3,780(+税)
取り寄せ

その他商品はこちら

バックナンバー
SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたが最近見た商品