レシピvol.04 木製コースター

木製コースター

材料・工具

材料

ひのき 高さ120×幅90mm ×1

工具

ジグソー
電動ドリル
インパクトビット10mm
クランプ
差し金
紙コップ
紙やすり#150
刷毛
ニス

あると便利な工具

サンダー
ミルクペイント
※サンダーをお持ちの方は8の作業がとても楽です。詳しくは付録Aへ

準備

eショップ取り扱い商品の「ひのき 910×6×90mm」をご購入の場合は、長さ120mmにカットしていただくと、コースター7枚分と端材がとれます。
(今回使用するジグソーでカットできます。)

スタート

行程1 1. 好きなデザインを書きます。
紙コップの底や差し金などを使うと便利です。

行程2 2. クランプでしっかり固定します。

行程3 3. ジグソーでカットを行います。

木製コースター
木製コースター

行程4 4. 曲線はジグソーをゆっくりと進めてください。

行程5 5. 穴をあける場所を決めます。
※端から8mm以上離す。(割れ防止のため)

行程6 6. ゆっくりと10mmのインパクトビットをつけた電動ドリルで穴をあけます。
非常に割れやすいので「捨て板(付録@へ)」を使って穴をあけてください。
※特に穴あけの最初は、ビットをゆっくりと回転させてください。

行程7 7. 紙やすり#150を用意します。

行程8 8. 木の目地にそって、やすりをかけていきます。
※ジグソーの切り口の多少の凸凹は、ここで滑らかにできます。

行程9 9. ニスは2回塗りを行います。乾いたら完成!

付録@:捨て板って何?

「捨て板」とは、板の端材など、穴をあけたい場所の裏側に置いて、一緒に穴をあけてしまう板のことです。


名前の通り、作品には使わない捨ててしまう板ですが、捨て板を置いて穴をあけないと、貫通時に穴の周囲の板が割れたりささくれたりしてしまいます。
私も捨て板無しで挑戦してみましたが、見事に割れました…
ジグソーで思い通りの形にカットできたのに、その後の穴あけで割れてしまうと、ショックですよね!


このひと手間が完成度に大きく関わります。
知っておきたいちょっとしたテクニック、使ってみて下さい。

捨て板って?

付録A:サンダーを使ってみよう!

木材を加工すると面や角に貼りが発生したり、ササクレヤザラザラができます。
そのままでは使ったり塗装したりできないので、紙やすりで研磨してスベスベにしますよね。
この研磨作業、小さなものであればあまり労力はかかりませんが、研磨するスペースや数が多いと案外手間なもの。。


そこで便利なのが、電動の「サンダー」!
実際に私も使ってみました!


底面に紙やすりを装着して、モーターの力で振動させることで、木材などを研磨することができる電動工具。
本体を材料に軽く押し当てて動かすことで、効率よく研磨作業が行えて、面倒な作業もあっという間です。

例えば、ジグソーで曲線をカットしたけどガタガタしてる…
角にバリができた…
という時も、大丈夫。

サンダーで軽く研磨すると、簡単にスベスベになってくれました^^

サンダー

くつろぎタイム

第4回「木製コースター」の作り方、いかがでしたでしょうか?


今回、『DIY初めての方も挑戦しやすい』レシピをセレクトしました。


ポイントは2つ。
@ジグソーを使ってカット
A穴あけ


私は初めてのジグソーでしたが、今回使用した木材はあまり厚くないので切りやすく、想像していたより手軽でした。
後で紙やすりで形の微調整ができるので、あまり気負わなくて大丈夫なんです!


「DIYを始めたいけど、何も持ってない!」という方も、今回必要なのは今後も使えるDIYの基本的な工具ばかりなので、おすすめです。


さて、次回は何を作りましょう?
どうぞお楽しみに♪♪


本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました(*^^*)

コースターイメージ

※写真中央は「ミルクペイント アンティークコーラル」で塗った後、「ミルクペイント アンティークM」で茶色のアンティーク加工をしました。 左上は「ミルクペイント アンティークコーラル」のみ使用です。

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたが最近見た商品