レシピvol.10 マルチボックス

マルチボックス

材料・工具

材料

木材 1×4材 3フィート(19×89×910mm) ×5本
木材 30×40×910mm ×1本
スリムビス 3.3×40mm ×44本

工具など

のこぎり
差し金
電動ドリル
木工用ドリルビット3mm
クランプ
両面テープ
はさみ

参考

和信 ポワーステイン オリーブ
刷毛

準備

@ 1×4材を長さ350mm7枚(A)、長さ250mm4枚(B)に、30×40材を長さ197mm4本(C)にカットします。

準備@

A A・Bの木材に3mmの下穴をあけます。下穴の位置は下記よりご確認ください。
※画面下部の「付録」で下穴あけの裏ワザを紹介中!

準備A

スタート

行程1 1. C2本とB1枚をセットし、ビスで固定します。
※この時、クランプまたは両面テープで固定するとビスが打ちやすいです。

行程2 2. 1の下側にもう1枚Bをセットしてビスで固定します。
同じものを2組作ります。

行程3 3. 2でできた物を両側に立て、Aの板をセットしてビスで固定します。
その下側にもう1枚Aの板をビスで固定します。

行程4 4. ひっくり返して反対側にもAの板を2枚ビスで固定します。

行程5 5. 底面になる方を上側にしてAの板3枚をセットし、ビスで固定します。
すき間が均等になるようセットしましょう。

行程6 6. 組み立てあがり!

行程7 7. 仕上げにステインで着色して完成です。
塗り立ては濃く感じますが、乾かすと色が落ち着いきます。(ページ一番下が乾かした後です)

付録:たくさん下穴をあける時の裏ワザ!

今回、44個もの下穴をあけます。
もちろん1つ1つ墨付けをして下穴をあけてもいいのですが、数が多いと大変ですよね。


そんな時は、「下穴あけガイド」を手作りしてみてはいかがでしょ。
下記写真のように不要な端材に墨付けをして、下穴をあけます。2つ作ってみました。


注意点は2つ!
@ 下穴あけにも「捨て板」を忘れず使いましょう!
A 穴は真っすぐ下へあけましょう。
※斜めの穴になると全ての板が斜めの穴になってしまいます!


よかったら試してみて下さい。


下穴あけガイド

くつろぎタイム

第10回「マルチボックス」の作り方、いかがでしたでしょうか?


今回のポイントは、下穴あけとビス打ち。
DIYの基本となるこの2つをしっかりマスターするのにオススメのレシピです。
完成品を手にすると想像以上にしっかりしていて立派!何を入れようか迷ってしまうくらいです。


さて、次回は何を作りましょう?
どうぞお楽しみに♪♪


本日も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました(*^^*)

マルチボックス

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

あなたが最近見た商品